このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 黒柳徹子がいつもノーブラなワケは・・・【画像あり】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

みなさんこんにちは

今日は芸能界のレジェンド黒柳徹子さんについて調べてみました。

ちょっと調べただけでもザクザク出てきましたがかなりおどろきましたね!

想像以上の武勇伝をお持ちです。

まず黒柳徹子さんはテレビ誕生とともに生まれた日本初のテレビタレントで50年以上にわたりテレビ番組のレギュラーを継続して持ち続けている唯一のタレントです。

また、黒柳徹子さんは日本で最初の女優でもあり、1954年NHK専属テレビ女優、第一号としてデビューしました。

Tetsuko_Kuroyanagi_1956

渥美清さんとも親交が深く、映画「男はつらいよ」最終作の役に選ばれる予定だったそうです。

27年前、笑っていいとものテレフォンショッキングのコーナーでは43分もの間喋り続け、友達を紹介したところで番組が終了しました。

さらに21年ぶりの出演時には39分間喋り続けました。

演劇修業でアメリカを訪れた際、ノーブラの女性を見て、かっこいいと思い自分もノーブラに。
それ以来黒柳徹子さんは30年以上ずっとノーブラです。

images

ここから先はハンカチのご用意を。

自著の「窓際のトットちゃん」の印税は障害者のための基金を設立して著作権も寄贈していて、自身の口座に寄せられた募金も1円残らず全額をNYの国連ユニセフへ送っています。

世界ふしぎ発見のトップ賞や1年間に着た衣装を毎年チャリティバザーで売り払い日本の孤児のための家を3軒建てています。

女性への教育について、せめて難民キャンプの中だけでも許可してほしい」とアフガニスタンでイスラム原理主義組織タリバンとの直接交渉に赴き許しを獲得しました。

ボスニア視察で地元警察に言いがかりをつけられバスを5時間足止めされたとき緊迫する車内で老婆役の芝居をしてスタッフやみんなを笑わせて和ませました。

-25℃の極寒のアフガニスタン視察で、トラックは空爆にあうから・・・と、ロバを1000匹チャーターして国内避難民160万人のために毛布と栄養食を届けました。

視察先で地元の子供たちがサッカーをして遊んでいて誤って地雷原にボールが入ってしまった際、地元民が誰ひとり近づこうとすらしない地雷原に何の躊躇もなく入っていボールを取ってきてしまった。

こちらは黒柳徹子さんの言葉です。

『25年の私の活動を通して、多くの人が途上国の現実がわかってくださるのであれば、少なくとも私が現地に行くことによって募金が集められるのなら、それでいいと思います。自分は独身だし、何かあったら、そのときはそのときだと思っています。』

angola7

まさに命を賭した社会貢献活動。

しかもノーブラ。

わたくし、黒柳徹子さんを一気に好きになってしまいました。

最後に徹子の部屋で桜塚やっくんを完全にくってしまった時の画像です。

tetsuko