このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【あなたは信じる?】東京のシンボル・スカイツリーに秘められたシンクロニシティ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

2012年、開業するなり、東京のシンボルとなったスカイツリー

Tokyo_Sky_Tree_2012

もうすでに登ってみた人、全く興味が無い人、遠くから記念に写真をとった人、下から見上げてみた人・・・色々いると思います。

ただそんな全ての人(もちろんこれを見ているあなたにも)に知っておいてもらいたい奇妙な事実がいくつかあるのです。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、知っておいて損はないでしょう。

それじゃ、
一つ一つ紹介していこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず1つめ


スカイツリー建造は、江戸時代の時点で予言されていた?!

この真相を裏付けるのは江戸時代に流行したといわれる「浮世絵」
歌川国芳(うたがわ くによし)という当時有名な浮世絵師は、こんな絵を描いています。

「東都三ッ股の図」(1831年頃の作品)
スクリーンショット 2013-03-08 10.54.31

「お判りいただけただろうか?」

明らかに高い建造物が左手に見える
↓拡大写真

img_150461_4605474_3

その隣は火の見櫓(みやぐら:火事を発見したり、その位置を見定めたりするために高く設けた櫓)なのですが、
江戸時代ですから、江戸城よりも高い建造物、つまり地上からの高さは58メートル以上のものは
建てられないはずですよね?

※当時、江戸幕府の威厳を保つために、江戸城よりも高い建築物を作ることは禁止されていた。

この浮世絵が描かれた場所は日本橋で、
同じ方向を向いて写真を撮ると、このようになるそうです。
実際に、位置関係もいい具合にそうなります。

スクリーンショット 2013-03-08 11.57.04

ちなみに、この歌川国芳は、自分の寿命まで予言していたとか・・・
こちらの作品を見てほしい。
005IMG_0002ggg

右下の傘を拡大するとこんな感じ
スクリーンショット 2013-03-08 11.01.42

「千八百六十一番」と書かれているのだが、これは国芳の没年1861年と同じ。
しかし当時は西暦という概念はないから、西暦の数字ではないはず。
すると番地なのだろうか?

しかし地番を付けるという考え方は文明開化・明治以降のものではないだろうか?

謎は深まるばかり・・・

歌川国芳がスカイツリー建築を予言したのも、
ただの偶然ではないようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次に2つ目


スカイツリーの位置に秘められた真相

スカイツリーがなぜ、あの住宅密集地に立てられたのか、不思議の思ったことはないですか?

都市部でも、更地に建てるならまだしも・・・
何故、わざわざ東京都墨田区押上という人で溢れかえっている住宅密集地に建てたのか。
(建設中に瓦礫が降りたりしたら大事故にもなりかねないのに)

それには理由があります。
あの場所に立てなければいけない理由がしっかり存在していたのです。

イギリスにはレイラインという、
遺跡や教会、重要文化財などが点在する直線というものがあるんです。

まあシンプルに言えば、「パワースポット」みたいな感じで・・・
直線上にあると縁起がいいという風潮です。
03_04

レイライン(wikipedia)

実はコレ、日本にも存在するんです。

鹿島神宮から富士山までを結ぶ一直線です。

こんな感じで
img_150461_4605474_1

その直線上には皇居や明治神宮などがもともとあったのですが・・・
そこに新たにスカイツリーが加わったということです。

スクリーンショット 2013-03-08 12.01.20

もっと真相を追求してみると・・・

日本のレイラインは鹿島神宮から始まりますね。。。

そして実は、鹿島神宮には重宝されている剣があります。

外からみるとこんな感じ
スクリーンショット 2013-03-08 11.49.45

実際の剣の写真
スクリーンショット 2013-03-08 11.50.27

この剣の力はとてつもないパワーを秘めていると信じられています。

その剣の力を鹿島神宮から引っ張ってきて
レイラインによって、スカイツリーで関東に拡散させ、関東一帯をエネルギーで満たすという意図みたいですね。

「ゲン担ぎ」とでも言いましょうか。

まあ、ここ最近、関東大震災が来るなんて不吉な噂もありますから、そういう不祥事から
東京を守るっていう意味も込められてるんでしょうね。

また、2012年5月21日(スカイツリー開業の前日)
「金環日食」が話題になりましたね。

この金環日食は・・・
レイライン上の鹿島神宮ースカイツリーー皇居ー富士山ー剣山ー並立神宮の一直線
で起こっていたという観測もある程です。

参考記事

なんとも神秘的。。

 

もう一つ特筆すべきこととしては・・・
鹿島神宮は鹿を崇める神社ですが、
(サッカーチームの鹿島アントラーズなんかも鹿のマスコット)
img01

鹿って、スカイツリーにも関連しているのってお気づきですか?
スカイツリーは地デジ対応のために立てられた電波塔です。

そのマスコットキャラクターですが、「地デジカ」ですよね?

こんなヤツ↓
スクリーンショット 2013-03-08 11.37.35

ここまで奇妙に関連していると、もうあなたも偶然とはいえませんよね??

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次はラストの3つ目


スカイツリーの数字に隠された謎

スカイツリーの高さはご存知ですか?

スクリーンショット 2013-03-08 12.37.03

634メートルです。

この数字は、東京から埼玉、神奈川のかけての古い呼び名である武蔵(むさし)の語呂合わせからきてると公表されています。

しかし、この数字は表向きな理由に過ぎないという意見もあります。

スカイツリーの高さに込められた意味とはどういうものか?
それは634をすべて足すと見えてきます。

6+3+4=13

「13!!」

更にスカイツリーの住所にも・・・
東京都墨田区押上1丁目1ー13

ここにも13が・・・

さらに・・・
エレベーターの数
4+2+2+1+4=13台

・地上から350mの高さにある第1展望台まで約50秒間の分速600m40人乗り4台(東芝製)
・第1展望台と450mの高さにある第2展望台を結ぶ約40秒間の分速240m40人乗り2台(日立製)
・および地下駐車場から第2展望台まで昇降距離464.4m27人乗り業務用2台(東芝製)
・その他にも第1展望台内の移動用に1台(日立製)、タワーの足元の施設に4台がある(日立製)

東京スカイツリー – Wikipedia

ここであなたは「不吉だ!!!!」と思ったでしょう。

一般的に13という数字は不吉なものとして語られています。

しかし、実際には聖なる数字というのが真実です。

なぜ、不吉な数字として認識されているかというと・・・
仕掛け人はキリスト教。

スクリーンショット 2013-03-08 12.38.47

歴史を通してキリスト教と敵対していた、ユダヤ教などが13を高尚な数字としていたことに目をつけ、
13 (忌み数) – Wikipedia
13日の金曜日
裏切った13番目の弟子

このように13は不吉だというイメージを刷り込んでいったのです。

friday-the-13th-title

なので歴史を通して「不吉な13を聖なる数字と仰ぐユダヤ教はおかしい」など言って、
13やユダヤ教を不吉の象徴として仕立てあげてきたとも言われています。

また日本文化においても・・・
死刑執行を意味する隠語として「13階段」の語が使われたり、一般認識的には「好まれない数」の一つとされることがある。

しかし、それらは前述の通りアメリカやキリスト教の強い影響を受けるようになってから
映画などを通じて広まった習慣を基本としており、そのため現実に縁起が悪いと考える人はそれほど多くない。

実際のところ、仏教や、また中国の一部の地域においては「縁起が良い」と歓迎される数字であることも知られているという事実もあります。

※参考記事

「13」は日本人には縁起のいい数字なんだって!!

・・・

まあ、おそらく、スカイツリー建築の首脳陣は13を縁起がいいものとみなしているのでしょうね。

住所や高さやエレベーターの数・・・

こんなふうに他にも13という数字が隠されている可能性が高いので、見つけ次第
コメントや情報でも書いてくださいな♪

スクリーンショット 2013-03-08 12.34.25